たべものラボ

京都市中央市場発!旬だより~ぶり~

これからが旬の食材について、京都市中央市場のイケメン職員が教えます。

紹介者はこの方!

京都市中央卸売市場第一市場 業務推進第二担当

川路 由人氏

 

今回紹介するのは出世魚の代表格”ぶり”です。

ぶりは成長に伴って名前が変わっていく出世魚として有名ですが、
京都では「つばす」、「はまち」、「めじろ」と、ぶりになるまで3回も変わります。


京都市中央市場では、年間1,500トンと鮮魚で一番取扱いの多い魚種です。
代表的な水揚げ場所は富山県の氷見や京都府の伊根で、寒くなるにつれ脂がのり美味しくなります。


ぶりを使った料理には、ぶり大根や、照り焼きなど様々ありますが、
薄切りにしてあつあつの昆布だしにさっとくぐらせて食べる「ぶりしゃぶ」は、
京都の丹後が発祥だと言われています。


小売店等では、切身としての販売が多いですが、購入するときは、
パックを照明にかざしてください。身につやがあれば高鮮度の商品です。

 

\あじわい館スタッフおすすめ!/

ぶりを使ったお手軽レシピ

【ぶりのお雑煮】

【材料】(4人分)
・一番出汁…1リットル
・ぶり切り身…4切れ
・かまぼこ…8切れ
・葉野菜(春菊、ほうれん草、白菜、水菜などお好みで)
・餅…4個
・柚皮…適量
・酒…大さじ2
・淡口醤油…大さじ1
・塩…小さじ1/2

【作り方】

[1]ぶりの切り身をさっと湯通し、軽く水洗いして残ったウロコを落とす。(臭みをとる効果もあり)

[2]葉野菜は、一番出汁を少しとり、茹でておく。

[3]一番出汁に酒、切り身を入れ、ぶりに火を通す。

[4]ぶりに火が通ったら淡口醤油と塩で味を付ける。

[5]お椀に、やわらかくした餅、ぶりの切り身、葉野菜、かまぼこを盛り付け、
出汁をはる。最後に柚の皮を添える。

京都のお雑煮と言えば「白味噌」が定番と言われていますが、
ブリが水揚げされる海に近い地域では、
このような「すまし」のお雑煮も食べられています。是非一度お試しください!

 

食材のおススメの食べ方を大募集!

冬に旬を迎える2つの食材について、オススメの食べ方を募集します!

①かぶ(小かぶ、聖護院かぶなど)【応募締切 平成31年1月10日(木)】

 

②あさり【応募締切 平成31年2月10日(日)】

 

以下6項目をご明記いただき、
<応募先>食の海援隊・陸援隊事務局までお送りください。
送付方法は、メール、郵送どちらでも結構です。

①レシピ
②料理の写真
③レシピについて一言コメント
④会員番号
⑤お名前
⑥掲載可能なニックネーム

<応募先>
あじわい館「食の海援隊・陸援隊事務局」
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町130番地 京都青果センター3F
E-mail info@syokunokaientai-rikuentai.com

優秀レシピは、メールマガジン及び会報誌にてご紹介させていただきます。
見事掲載された方には、市場流通の野菜セット(2,000円相当)をプレゼント!
ふるってご応募ください!

京都市中央市場発!旬だより〜みかん〜

これからが旬の食材について、京都市中央市場の職員が教えます。

紹介者はこの方!

京都市中央卸売市場第一市場 業務推進第一担当

 森口 幹太氏

 

今回紹介するのは”みかん”です。

 

 

冬といえばコタツにみかんですよね。
京都市中央市場では、個人生産者のみかんを数多く取り扱っており、
その大部分がプロの目利きで価格を決める「せり売り」で取引されています。
生産者はせりでの高値を狙って自慢の商品を出荷するため、
京都市中央市場に美味しいみかんが集結します。
今年は、台風21号などの災害が、和歌山県などの
みかんの産地に大きな被害をもたらしました。
幸いにも農作業を続けることができた産地では、
徹底した栽培管理のもと、安定した品質が保たれています。

生産者の努力により大災害を乗り越えた美味しいみかんは、
市場を通じて小売店に並びます。
店頭で見かけた際は、ぜひ手にとってみてください。

みかんレシピ

【温州みかんと春菊のサラダ】

【材料】(4人分)

・温州みかんSサイズ…5個
・春菊…1束
・生ハム…5枚
・オリーブオイル…大さじ1
・塩…少々
・黒コショウ…少々

 

【作り方】
①みかん1個を半分にカットしてからボウルに果汁をしぼり、
塩、黒コショウ、オリーブオイルを入れてドレッシングを作っておきます。

②春菊は洗って、2〜3cmにカットし、みかん4個は皮をむいて
輪切りにしてから小割りにします。

③ドレッシングのボウルに春菊、みかんを入れ、適当な大きさに
ちぎった生ハムを混ぜ入れて出来上がり。

みかんと春菊、旬の食材を使ったサラダです。
春菊にも風邪の予防に重要なビタミンCが豊富に含まれています!
火も使わないので、あと一品に困ったときにもぴったり♪
是非お試しください。

食材のおススメの食べ方を大募集!

冬に旬を迎える2つの食材について、オススメの食べ方を募集します!

①みかん【応募締切 平成30年11月15日(木)】

②ぶり【応募締切 平成30年12月6日(木)】

以下6項目をご明記いただき、
<応募先>食の海援隊・陸援隊事務局までお送りください。
送付方法は、メール、郵送どちらでも結構です。

①レシピ
②料理の写真
③レシピについて一言コメント
④会員番号
⑤お名前
⑥掲載可能なニックネーム

<応募先>
あじわい館「食の海援隊・陸援隊事務局」
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町130番地 京都青果センター3F
E-mail info@syokunokaientai-rikuentai.com

優秀レシピは、メールマガジン及び会報誌にてご紹介させていただきます。
見事掲載された方には、市場流通の野菜セット(2,000円相当)をプレゼント!
ふるってご応募ください!

京都市中央市場発!旬だより~松茸~

これからが旬の食材について、京都市中央市場の職員が教えます。

紹介者はこの方!

京都市中央卸売市場第一市場 業務推進第一担当

 森口 幹太氏

 

今回紹介するのは強い香りが特徴の”松茸”です。

 

 

秋の味覚の代表格として知られる松茸は、
「香り松茸、味しめじ」といわれるように強い香りが特徴であり、9月から10月に入荷の最盛期を迎えます。
京都は松茸の名産地のひとつであり、
高級ブランドとして名高い丹波松茸が南丹市や京丹波町などで生産されています。
しかし、国産松茸の生産量は年を追うごとに減少しており、
中国産やカナダ産など外国産松茸が増加しています。

8月に旬をお知らせしたハモとの組み合わせは、
日本料理の中でも王道であり「鱧松」と呼ばれています。
鍋やお吸い物など、ハモと松茸を一緒に食べることで
味と香りの相乗効果が生まれ、より美味しく感じられます。

これからが秋本番!国産松茸の最盛期です!
年に一度くらいは贅沢に、松茸を堪能してみてはいかがでしょうか。

松茸定番レシピ

【松茸ごはん】

【材料】(2名分)

*米…2合*松茸(中)…1本
*うす口しょうゆ…大さじ1 *塩…小さじ1/3

 

【作り方】
①米は洗い、ざるにあげる。
②松茸は傘の土や砂をぬれ布巾ではらい、石付は包丁で削り、適宜に切る。
③炊飯釜に米、水、うす口しょうゆ、塩を加えて底からひとまぜし、松茸を加えて炊飯する。

教えてくださったのは、この方!

料理研究家 杉本節子先生

やっぱり食べたい松茸ごはん♪
簡単なので、是非挑戦してみてください。

このページのトップへ