活動レポート

【平成30年】10/21海援隊・産地支援活動

開催日時:平成30年10月21日(日)午前7時半〜午後6時半
開催場所:福井県小浜市
参加費:大人5,000円、小・中学生2,000円

食の海援隊・陸援隊では、普段食べている身近な食材の産地を訪れ、見学や作業体験、生産者との交流を通じて、
産地の現状や生産者の仕事について理解を深めて頂く「産地支援活動」を毎年開催しています。
今年の海援隊は、鯖街道の起点としても知られる、福井県小浜市に伺いました。

午前7時半に京都市中央市場を出発し、午前10時に小浜市に到着。
この日は、小浜の食文化紹介する施設「御食国(みけつくに)若狭おばま食文化館」と、食文化館前の広場で開催されていた「OBAMA食のまつり」というフードイベントの見学・視察を行いました。

1時間半ほどの滞在後、田烏地区に向かい昼食です。
お造りや竜田揚げ、へしこ、なれずしなど、鯖料理が並びました。

とくに「なれずし」は、独特の香りなどから苦手意識を持たれる方も多いのですが、小浜の鯖のなれずしはとても食べやすく美味しいと好評でした。

午後からは、旧田烏小学校に場所を移し、学習会を行い、
現在小浜市が取り組んでいる養殖鯖による「鯖・復活プロジェクト」についてのお話を伺いました。
かつて小浜周辺でたくさん獲れた鯖ですが、近年は漁獲量が減少しているそうです。

学習会の後は、実際に鯖の養殖場を訪れ、えさやりを体験しました。
「『元気か〜』『大きくなれよ〜』と、声をかけながらえさをやるのが大切」と語るのは、鯖養殖に取り組む浜家直澄さん。
愛情が伝わると、生育にも大きな差が出るそうです。
会員の皆さんも「大きく育てよ〜」「京都で待ってるよ〜」と声をかけながらえさやりをしました。

また、昼食にご提供いただいた小浜の名産「鯖のなれずし」の加工も体験しました。
指導してくださったのは、田烏さばなれずしの会・会長の森下佐彦さんです。

参加者は最終段階の工程として、塩とぬかで仕込み1年熟成された「へしこ」の状態の鯖の中に、白米と麹を混ぜたものを詰めていきました。ここから2〜3週間で仕上がるそうです。
昔から伝わる伝統的な製法は、小浜の食材・気候などの風土を色濃く反映しており、私たちが暮らす京都とは異なる食文化に触れるとてもいい機会になりました。


全行程を終え、京都市中央市場に午後6時半に戻りました。

「京は遠ても十八里」
小浜と京都を結ぶ若狭街道(鯖街道)約72kmは、そのように言われてきました。
遠いようで、近い。車だと2時間半くらいです。
京都とも繋がりの深い小浜、皆さんも是非訪れてみてください!

【平成30年】9/8早朝市場見学会

開催日時:平成30年9月8日(土)午前5時~7時半
開催場所:京都市中央市場内
参加費:1,000円

日の出前の早朝五時。多くの人が行き交い、賑わいをみせる京都市中央市場で見学会が行われました。
早朝の活気あふれる市場内の店舗や施設、せり現場において参加者の皆さんは市場のプロの仕事を目の当たりにし、感動されたようでした。

マグロのせり場です。

ハモの骨きり専用機械です。

最後の交流会では、それぞれの専門家である青果卸売会社や水産卸売会社、京都市衛生環境研究所の方から直接お話を聞いたほか、食材の検査方法、産地からの仕入れ方など具体的な質問が飛び交いました。

市民の「食」を支える仕組みや仕事を知っていただく貴重な機会となりました。

【平成30年】8/21陸援隊・産地支援活動

開催日時:平成30年8月21日(火) 午前8時~午後5時
開催場所:京都府舞鶴市

参加費:大人5,000円、小・中学生2,000円

食の海援隊・陸援隊では
普段食べている身近な食材の産地を訪れ、見学や作業体験、生産者との交流を通じて、
産地の現状や生産者の仕事について理解を深めて頂く「産地支援活動」を毎年開催しています。

今年は、「万願寺甘とう」の産地、京都府舞鶴市に伺いました。

京野菜として今や全国で名前が知られている万願寺とうがらしですが、京都府舞鶴市の特定のエリアで生産されているのが「万願寺甘とう」です。

朝8時、JR丹波口駅前を出発。現地では、はじめに「万願寺甘とう」がハウス栽培されている圃場の見学に向かいました。徹底した温度・湿度管理や、できるだけ農薬の使用量を抑えるなど、様々な工夫がなされています。

圃場の後は選果場の見学。「万願寺甘とう」と言えば、その大きさや形も特徴的です。秀、優、良といった具合に選別され出荷されていく様子を見学しました。

見学後の昼食では、「万願寺甘とう」を使った料理も堪能しました。

締めくくりは学習会。生産者代表としてJA京都にのくに・舞鶴万願寺甘とう部会長の添田潤さんにお越しいただきお話を伺いました。日頃の努力や苦労話のほか、7月の西日本豪雨の被害にも遭われたそうで、その時の様子や復旧への尽力などについても伺いました。お話の上手な添田さん、会場は大いに盛り上がり、おすすめの料理法をはじめ様々な質問が飛び交い、大変活気溢れる交流会となりました。

西日本豪雨の影響で一時は実施も危ぶまれましたが、陸援隊一行を快く受け入れてくださった
JAにのくに加佐支店のみなさまに心より感謝申し上げます。

【お知らせ】9/8早朝市場見学会 集合場所地図

9月8日(土)「早朝市場見学会」へご参加の皆さん

 

集合場所の地図をご確認ください。


臨時駐輪場はご用意しておりますが、駐車場はございません。
お車でお越しの際は、近隣のコインパーキングをご利用ください。

ご不明な点がございましたら、食の海援隊・陸援隊事務局までお問い合わせください。
TEL 075-321-8680

【30年度】夏休み子ども市場見学会

開催日時:平成30年7月28日(土)・8月5日(日) 午前8時〜10時半
開催場所:京都市中央市場内
参加費:500円(お子様のみ)

普段入れない市場のなかを見学できるだけでなく、
この日だけの貴重な体験が盛りだくさんの人気イベント
『夏休み子ども市場見学会』を今年も開催しました!

午前8時
まず向かったのは、生鮮食料品以外の様々な商品や食料品等を揃えた店舗や飲食店が立ち並ぶ
「関連店舗」や「綜合店舗」の見学です!
豆や麩、昆布や砂糖などの専門店がずらーっと並んでいます。

8時30分
お魚を取り扱う「水産棟」へ!
目の前で繰り広げられるマグロの解体は、迫力満点です。

小売店や料理屋に魚を販売する「仲卸店舗」では、ハモの骨切り専用の機械を見せていただきました!

9時
ちりめんじゃこや干物などの「塩干物」を保管する
-30℃の「塩干冷蔵庫」を見学させていただきました!
極寒の冷蔵庫内にたくさんの塩干物が保存されています。

今年新しくなった塩干の仲卸店舗では鮭の説明を伺い、丸ままの塩鮭を触らせていただきました~!

9時30分
野菜や果物を取り扱う「青果棟」へ!
実際の”せり”の真っ只中にお邪魔して、間近で見学させて頂きました。

9時50分
青果の仲卸店舗を見学し、ふたたびせり台へ。
臨場感たっぷりの模擬せり体験のスタートです!
せりで使う指の合図(てやり)を教えてもらって、みんな一生懸命せりに挑戦していました。

成績優秀者から順にキウイやブドウ、メロンなど旬のフルーツが渡されました♪

暑い中、たくさん歩いて市場を探索した半日が、みなさんの楽しい夏の思い出になっていれば幸いです^^

【お知らせ】夏休み子ども市場見学会 集合場所地図

7月28日(土)、8月7日(火)「夏休み子ども市場見学会」へご参加の皆さん

集合場所の地図をご確認ください。
臨時駐輪場はご用意しておりますが、駐車場はございません。
お車でお越しの際は、近隣のコインパーキングをご利用ください。

子ども市場見学会集合場所PDF

ご不明な点がございましたら、食の海援隊・陸援隊事務局までお問い合わせください。

【30年度】市場見学会&食彩市ツアー

開催日時:平成30年6月9日(土)午前9時〜
集合場所:京の食文化ミュージアム・あじわい館
参加費:500円

京都市中央市場の市民感謝デー「食彩市」。
普段は小売店の方や料理屋さんなど、
プロの方しか買い物ができない仲卸店舗で、
一般の方も新鮮で安全・安心な市場の食材を直接購入していただける
京都市中央市場の目玉イベントです。

京都市中央市場のことを、よりよく知っていただくため
この日に合わせて、食の海援隊・陸援隊会員さん限定の市場見学会を開催しました!

AM9:00~


まずは京の食文化ミュージアム・あじわい館に集合し、
「京都市中央市場の一日(DVD)」を鑑賞。
市場の仕事や役割を、映像で学んでいただきました。

AM9:30~

実際に市場の見学へ出発です。
毎朝9:30から行われている青果の「二次せり」を見学します。


実際にせり台に上って、せりの様子をご見学いただきました。
この日は、会員さんのため特別に、せりを行う卸業者の方からの解説付き!
本物のせりの臨場感の中で、
市場のシステムや重要性を感じとっていただけたかと思います。

その後は自由行動で
「食彩市」を、思い思い楽しんでいただきました。

大好評だった今回の『市場見学会&食彩市ツアー』!
7~9月は食彩市が夏季休業のため、
見学会もお休みさせていただきますが、
10月の第二土曜日より、
食の海援隊・陸援隊会員さん限定で開催を予定しております。

小学生のお子さんでも、楽しみながら学べるイベントです♪
次回募集開始時期は、メールマガジン及び会報誌にて
改めてご案内させていただきますので、乞うご期待ください^^

【29年度】親子で学ぼう!食材選び方教室

開催日時:平成30年2月3日(土)13時〜15時
開催場所:京の食文化ミュージアム・あじわい館
参加費:ひとり500円

市場で働く専門家の説明のもと、実際に食べ比べをしながら、
食材についての知識を養う、京都市中央市場の人気講座「食材選び方教室」。
初めての親子対象講座を開催しました!

取り上げた食材は…
1.九条ネギ 2.砂糖 3.イワシの3つです。

1.九条ネギは、今は早い期間でたくさん収穫できるよう、品種改良されたものが主流ですが、
もともとは収穫までに1年以上かかる野菜です。
今回は、伝統的な方法で収穫された本来の九条ネギをお持ちいただき、
栽培方法などを伺ったあと、実際に九条ネギたっぷりのすきやきを試食をしていただきました!

太くてしっかりとした見た目に反し、やわらかい口当たりと甘みで
参加したお子さんもとっても気に入ってくださったようでした^^

2.砂糖は、甜菜糖、果糖、きび砂糖の3種類の砂糖が配られ、
食べ比べをしながらその違いを学びました。

砂糖は体に悪い?!というイメージもありますが、
スポーツをするときなど、エネルギーの補給に砂糖はとても効果的!という解説を聞き
「早く走るには、どれくらい砂糖を食べたらいいですか?」など
子どもたちも積極的に質問をしてくれていました。

3.最後は、節分のこの日に合わせてイワシのお勉強です。
イワシの種類の違いについて学んだあと、ひとり1匹ずつ手開きに挑戦!

自分で開いたイワシは蒲焼にして、試食しました~!

いろんな体験を通して、子どもたちに「食」への関心を持ってもらえるよう
今後もこのようなイベントを開催していきたいと思います。

【29年度】生産者が伝える伝統野菜の魅力~堀川ごぼう~

開催日時:平成29年12月16日(土)11時〜13時
開催場所:京の食文化ミュージアム・あじわい館
参加費:1,500円

産地支援活動 陸援隊から2ヶ月後、
丹後産の堀川ごぼうを実際に調理・試食する講習会を行いました。
講師は、陸援隊でお世話になった生産者野木武氏と淳子夫人です。

まずはご主人武司様から、堀川ごぼうの生産についてご講演いただきました。

お持ち頂いた堀川ごぼうは、なかなか見ることのないとても立派な大きさ!

お話を聞いた後は、淳子夫人のご指導のもと
実際に堀川ごぼうを使って調理実習です!

この日は、堀川ごぼうの強い香りや歯ごたえを活かした
こんなメニューを教えていただきました。

*鶏ごぼう鍋
*ごぼうのかき揚げ

また、丹後の新米やつきたてのお餅までご準備いただき、
丹後の美味しい食材の魅力を、たっぷり味わえる講習会となりました。

【29年度】産地支援活動 陸援隊

開催日時:平成29年10月26日(木) 午前8時〜17時半
開催場所:京都府京丹後市丹後町間人
参加費:大人4,000円 子ども2,000円

食の海援隊・陸援隊では
普段食べている身近な食材の産地を訪れ、見学や作業体験、生産者との交流を通じて、
産地の現状や生産者の仕事について理解を深めて頂く
「産地支援活動」を毎年開催しています。

間人と聞いて一番に思いつくのは「間人カニ」!
・・・と、いう方が多いかと思いますが間人では農業も盛ん!
今年の陸援隊は計39名の会員さんとともに
間人でのブロッコリーの収穫体験と堀川ごぼうの圃場見学に伺いました。

収穫前のブロッコリー、ご覧になったことはありますか?

消費者には見慣れない風景ですが、こんな風にはえています。

生産者の方から収穫方法をレクチャーしていただき いざ、収穫!

生産者の方から収穫どきのブロッコリーを教えていただきながら
みなさん大きなブロッコリーを収穫されていました♪

次に向かったのは、京都の伝統野菜「堀川ごぼう」の圃場です。
ここでは堀川ごぼうがどのように育てられているのか教えていただき、
実際に掘り起こすところも見せていただきました!

圃場をでた頃にはお腹はペコペコ!
昼食には丹後の食材をふんだんに使った特製のお弁当をいただきました。

午後からは、丹後の農業や生産の苦労、取り組みについて
圃場でもお世話になった生産者
JA京都京野菜部会間人支部堀川ごぼう部会部会長 野木武様からお話を伺いました。

参加者の方からも積極的に質問が飛び、有意義な学習交流会となりました。

大型台風の影響から開催も危ぶまれた今回の産地支援活動でしたが、
当日はお天気にも恵まれ、
丹後の農業の現状や農産物の魅力を学ぶ貴重な機会となりました、

また、台風対応に追われるお忙しい中、
陸援隊一行を快く受け入れてくださった
JA京都間人支店のみなさまに心より感謝申し上げます。

このページのトップへ